≪中の人≫

TTS

Author:TTS
Eurobeat作ってます!
昔の質問集はこちら
最近はtwitter(↓)を利用しています。

≪Twitter≫

≪最近の記事+コメント≫

≪カレンダー≫

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪月別アーカイブ≫

≪カテゴリー≫

≪カウンター≫

≪RSSフィード≫

≪QRコード≫

QRコード

≪ブログ内検索≫

≪管理メニュー≫

≪FC2ブログランキング≫

≪リンク≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年EUROBEATランキング

というわけで行きます。

下半期の新曲が数えるほどしかなくて空しくなった・・・。こんな年は初めて。というわけで、8割上半期とランキングが変わりません(^^;
一刻も早くSEBシリーズの通常リリースを始めることが最優先事項ですかね。 30.SUNDAY MORNING / VICKY VALE (SEB BEST2009)
音使いというよりも、メロディーラインの良さにやられました。
BEST2009で初登場&ノンストップのみという現状がイタイですね。
配信希望です。

29.KEEP FALL IN LOVE / CHERRY (SEB198)
第一印象はそれほどだったものの、聞き込むうちに良さに気づいた楽曲。
サビも控えめな印象がありますが、かえってそれが落ち着いた曲調に合っているというか。絶妙なバランスを保ってます。

28.WROOM WROOM SUPERCAR / BLACK EVA (SEB198、Eurobeat Anthems)
今年の初めにレーベル配信され、後にSEB198に収録されたこの曲。
リフの狂い加減はこのレーベル(エナアタ)でしか出せないでしょうね。それでいて陽気なメロディーですからねw タイトルコールの溜め加減が好きです。

27.KING OF EUROBEAT / JORDAN (SEB197)
今年も親父は良作を連発しましたが、SEB197のトリを努めたこれもなかなかの一品。「ユーロビーッ!」の掛け声はもちろん、メロからサビまで息をも付かせぬ激しさ。

26.CINDERELLA ROKFELLER / CLAUDIA VIP (Bazooka Gals)
エナアタから、少し幻想的な哀愁ユーロ。
哀愁だけに偏るのではなく、少しフワっと優しくなるBメロがいつもと違う感じで○。

25.DESTINATION TO DESIRE / ELISA (夏物語2009)
リリースされるだけでも奇跡なVIBRATIONから、「超」爽やかな一曲。
これは聴いた瞬間にビビっときましたね~。

24.TRY MY SISTER / CINDY (Cream Eurobeat)
ほぼ最新のエナアタです。
最近は滅多に哀愁を作ってないのかぁ、と思いきや出してくれました。音も賑やかだし、リフも細かいのでハイパー気味ですけどね。
「TRY MY SISTER~」と低い音程で歌うところが、なんともいえない哀しさを表現してます。

23.UPSIDE DOWN / QUEEN 26 (SEB196)
いやぁ~これはタイトル通り。リフのメロディーの上がり下がりが一捻りあって楽しめます。BYE BYE TOKYOとセットで堪能してください。
何気に冒頭のセリフもセクシーで好きだったり。

22.WILD BOY BAD LOVE / JOE BANANA (SEB195)
激しすぎでしょ!これは痺れます。
コード進行が超定番だろうと気になりませんね。
この衝撃は聴かないと伝わらないかな~。

21.VALENTINE'S DAY / ANGIE SWEET (SEB194)
哀愁の194からELENAさんを。
ヴァレンタインを歌った曲なのに、哀愁ユーロっていうw
サビのELENAさんの歌い回しが良すぎます。

20.RUMIRINGO SUPERSTAR / HI-NRG ALL STARS (SEB198、Bazooka Girl & Friends)
28位と同じく、今年の初めにレーベル配信され、後にSEB198に収録。
始めは苦手だったんだけど、198の9LoveJの叩きでお気に入りになりました・・・。ノンストップの力ってやっぱり偉大・・・。

19.LOVE COUNTDOWN / FASTWAY (SEB197)
皆さん大絶賛のLOVE COUNTDOWN。
自分も勿論お気に入り。SCPの男物って基本苦手ですが、自身のランキングにまで登場するってことは、やっぱり一味違うんでしょうね。
リフのCRAZYさに痺れますし、かっこよく伸び伸びと歌い上げるサビ。「ROCKIN' HARDCORE」をさらに激しくするとこうなるんだなぁ、という感じ。

18.LOVE EXPLOSION / ILENYA (DELTA Special COLLECTION VOL.1)
数少ない下半期からのランクイン。
Gablielli氏久々の哀愁ユーロ。彼の哀愁ユーロにずれなしですね。

17.BORN TO BE A LIAR / LADY TRUFFLE (Bazooka Gals)
レビューはこちら(http://euroheat.blog112.fc2.com/blog-entry-198.html)をご覧下さい。

16.BLACK JACK FIRE / P.STONE (Bratt Protone)
2002年制作の超蔵出しナンバー。
サビのテンションが限界値を超えてます。若干「MUSIC FOR THE PEOPLE」「SUPERSONIC FIRE」してますがw
エナアタにまたMagnaniさん戻ってきてくれないかな・・・。

15.TOKYO WASN'T BUILT IN ONE DAY / DOMINGO! (EUROBEATFIRE 1)
謎のレーベルBEATFIREから1曲ご紹介。
音使いも狂牛レーベルを少し軽くした感じで、すぐに区別が付くのなら相当な耳と経験の持ち主だと思います(^^;
LUCKY DOOMやSEXY SEXY SEXYタイプのリフに、淡々と歌い上げる女性Vo.の絡みが印象的です。

14.DREAM / KRYSTAL (SEB198)
Dima Musicからのご紹介。
ユーロビートらしくない、むしろラテンのような情熱的なメロディーに惹かれました。
キャッチーさは皆無で、パラパラ層の受けは悪いでしょうが、このような作品もユーロビートには必要不可欠であると再確認させられた一曲。

13.HANAMI / APRIL (SEB196)
SCPからVo.にエフェクトかけまくりな「花見ユーロ」。
幻想的なメロディーと儚く消えさってしまいそうな繊細なVo.の絡みが聴き所。
BPM上げると尚良いかと。

12.MY KING IS YOU / LESLIE PARRISH (SEB194)
FEVER OF LOVEの次だったせいか、かなり聴きこんだ覚えがあります。
特別何かが良い、というわけではありませんが、安定したクオリティの哀愁ユーロだと思います。

11.STAR HEART / VICKY VALE (SEB198)
リフのメロディーがいいですね。
198では次のKEEP FALL IN LOVEとの繋ぎも良い感じでした。
今年はクララさん、VICKY名義で歌いすぎな気が・・・w

10.HERE IT COMES THE SUN / NORMA SHEFFIELD (SEB199)
ノーマ嬢、日伊コラボ作品第2弾。
デビューから19年経ちますが、未だに女王の貫禄を見せ付ける哀愁の王道作品でした。DAVEのコーラスも聴き所。

9.VICTIM OF DEISRE / MOTE MOTE (Bratt Protone)
T鬼さんの所で絶賛されてたこの曲ですが、確かに目の眩むような、あまりの激しさにノックダウンされましたw
今のエナアタにはこの曲のリフのような「キレ」が無いんですよねえ(因みに蔵出し)。理由はよく分かりませんが・・・。

8.BYE BYE TOKYO / DELTA QUEENS (SEB196)
SEB196レビューより抜粋

>メロディラインが真面目なだけに、「ドウモアリガトー」が結構シュール(笑
>早いBPMに細かいシンセリフ、ユーロビートらしいメロディライン、とユーロビートとして非常に優秀な曲だと思います。A、Bメロの流れもスムーズ。
>個人的には4分過ぎのサビのブレイク部分の音使いが好きです。

確かに今でもそう思いますw
BOOM BOOM SEXY LADYにソックリですが、もはやそれすらも曲を楽しめる要素になってますからね。良きユーロのノリを思い出させてくれる良曲です。

7.HURRICANE MAN / GOLD-RAKE (SEB195)
親父のEUROGROOVESから、今年最大のヒット曲。
息つく暇も無い激しさの荒っぽいVo.が親父の音とベストマッチ。
サビは大合唱したくなりますねwww

6.GIVE ME SUNSHINE / FUTURA (SEB196)
SEB196レビューより抜粋

>A-BEATの新名義。作家に見慣れない方がいるので、本当に新人かな・・・。誰かにエフェクトかけてるのかぁ、なんて気もする声ですが。
>で、そんな彼女のデビュー曲は、典型のA-BEAT哀愁をいい具合に捻った感じでとても良い!
>早めのBPM、意外と細かいシンセリフ、それでいて繊細なメロディライン・・・溜まりません。Bメロのメロディも意表を突かれた感じでかなり新鮮。
>食傷気味なNORMAサウンドに飽きが来てしまったあなたにオススメの一曲(笑

新名義、というよりは本当に新人さんでしたねw
この後、今年のA-BEATを引っ張っていくとは誰が予想できただろうか。(曲のクオリティは別として)
この曲はお気に入りだったのですが、その後の198のアレが酷かった・・・。ユーロで酷評することはあまりないのですが、これは流石に空いた口が塞がりませんでした(^^;

5.LET ME GO / JUDY LEE (Bazooka Girls Encore!)
レビューはこちら(http://euroheat.blog112.fc2.com/blog-entry-199.html)。

4.TAKE IT TO THE LIMIT / LESLIE HAMMOND (Bazooka Gals)
レビューはこちら(http://euroheat.blog112.fc2.com/blog-entry-198.html)。

3.SPEED DEMON / STEPHY (SEB198)
さて、ベスト3。
この曲はひたすら壮大でした。オープニングからのピアノで既に鳥肌モノですが、その後のSTEPHYの歌い回しがヤヴァ杉。
Aメロから段々とキーが高くなっていき、Bメロは短めに、そしてタイトル連呼型のサビで爆発。サビラストのシャウトで昇天です(爆)
ここまでVo.を強調したユーロビートはあんまり見かけないですね。個人的には「EMOTIONS」を超えました・・・。

2.FEVER OF LOVE / STEPHY MARTINI (SEB194)
2位もSTEPHY嬢、そしてDimaでw
この曲はSPEED DEMONとは異なり、STEPHY嬢にしては控えめな歌い回し。
しかし、Dima持ち前の気分が高揚する哀愁メロディーは健在。Bメロの転調、サビの綺麗さもDimaの独壇場という感じで、彼にしか出来ない作りに脱帽。中盤のギターフレーズも鳥肌モノでした。STEPHY嬢のVo.を前に出しすぎない、というのも正解。名曲。

1.FOREVER SAD / HELY (SEB194)
というわけで1位です。EUROGROOVESからELENA嬢の半端じゃなく哀しい一曲を。
OPの演出、涙腺崩壊間違いなしのメロディライン、怨念篭めまくりのElena嬢の歌い回し、もうどれをとっても完璧で、親父にはホント感服。
これからも時代に囚われず、このような作品を作り続けてもらいたいですね。



というわけで、レーベル別内訳。
A-BEAT C・・・2
TIME・・・0
DELTA・・・7
HI-NRG ATTACK・・・10
SCP・・・2
GO GO's Music・・・0
ASIA(BOOM BOOM BEAT)・・・0
SINCLAIRE STYLE・・・0
Dima Music・・・3
EUROGROOVES・・・4
BEATFIRE・・・1
BLAST!・・・0
VIBRATION・・・1

まぁ・・・リリース数に比例してるかな?
相変わらずの偏りですがw
DELTAが意外と健闘してます。


2010年は今年よりも多くの新曲が聴けることを祈って・・・。
スポンサーサイト

<< Eurobeat Cool1感想  【BACK TO HOME】  SEB200 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。