FC2ブログ

≪中の人≫

TTS

Author:TTS
Eurobeat作ってます!
昔の質問集はこちら
最近はtwitter(↓)を利用しています。

≪Twitter≫

≪最近の記事+コメント≫

≪カレンダー≫

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

≪月別アーカイブ≫

≪カテゴリー≫

≪カウンター≫

≪RSSフィード≫

≪QRコード≫

QRコード

≪ブログ内検索≫

≪管理メニュー≫

≪FC2ブログランキング≫

≪リンク≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEGA NRG MAN祭りじゃあああああ!!!

はい、遂に来ましたMEGA NRG MAN祭り。
アルバム6枚、計76曲一斉配信です。(未収録楽曲は16曲)
楽曲リストはこちら

未収録楽曲を試聴したので、軽く感想でも。
因みに、このレビューはサビとリフのみを聴いて書いたものです。その他の部分を聴けは評価は変動するかも・・・。

SUPER EUROBEAT presents MEGA NRG MAN Special COLLECTION Vol.1

03.RIGHT ON TIME
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - A.CONTINI)
初期のMEGA NRGMAN名義にあった、アグレシッブな中に哀愁を感じさせる曲調。サビは同Vo.の「24 HOURS LOVE AFFAIR / DERRECK SIMONS」を、リフは「DAY AFTER DAY / ANNALISE」彷彿とさせています。リフのシンセは「DARK SIDE OF THE MOON / DJ NRG」と似たような質感。94、5年辺りの制作?

SUPER EUROBEAT presents MEGA NRG MAN Special COLLECTION Vol.4

03.SUPERSONIC
(G.PASQUINI - F.RIZZOLO - A.MILANI)
SUPERTONIC LADYの誤植表記かと思われていたSUPERSONICですが、ちゃんと存在した曲だったんですね(^^;
2001、2年頃の厚みのあるキックやシンセで展開される本作は、この名義にしては大人しめな印象。沸々と闘志を溜めている感じを受けます。Mr.GROOVE名義でもおかしくなかったかも?
やっぱりこの頃のA-BEAT Cの音は厚みがあっていいですね。

09.HEAT OF THE NIGHT
(G.PASQUINI - S.OLIVA - M.GULINELLI)
こちらも一気に爆発、というよりは、聴いているうちに段々と・・・という感じ。しかし、サビのバックで鳴るギターなど、所々にこの名義らしい「暑苦しさ」を感じます(笑

SUPER EUROBEAT presents MEGA NRG MAN Special COLLECTION Vol.5

01.THE GAME IS OVER
(S.OLIVA - F.CONTINI - R.FIORILLO)
時期的に、Go Go's Music設立直前か直後のOlivaの作品でしょうか。
上のVol.4の2曲に比べると、音の厚みはかなり薄くなってます(^^;
サビもとこかで聞いたことがあるコード進行で、面白みに欠けるかも・・・。

05.KEEP ON BURNING
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - F.CONTINI)
変わってこちらはDAVEサイド。音の軽さにも拍車が掛かってます(苦笑
しかし、サビはタイトル連呼型で、この時期のMEGA NRG MAN楽曲ではかなり「熱い」のでは?
所々に哀愁がかかるのもいいですね。
IN THE SUNRISEをSEBに収録するなら、こっちを収録して欲しかったかも。

11.I'M LIVING IN THE NIGHT
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI)
これ、サビが良いです!
そのまま女性Vo.に歌わせてもいいような繊細なメロディ。RAIMONDIの作るメロディの良さが光っているというか。情熱的なトーマス兄さんの歌い回しも○。

12.YOUR LOVE IS LIKE A MEDICINE
(S.OLIVA - T.MARIN - A.GATTI)
こちらはGo Go'sからの作品。
DJ ZORROの時のような歌い回しに、力強いギター。
KING KONG IS BACKのような図太いサウンドで、どっしりとした印象を受けます。

SUPER EUROBEAT presents MEGA NRG MAN Special COLLECTION Vol.6

02.FOUND LOVE
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - T.MARIN)
低BPMに爽やかなメロディー、一体これのどこに「MEGA NRG MAN」らしさがあるんでしょうか?(笑
同Vo.の「MORE THAN A FEELING / DERRECK SIMONS」とまではいきませんが、とても爽快なメロディライン。意外過ぎます(^^;

03.LADY SAMURAI
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - T.MARIN)
トーマス兄さんの早口で力強い歌い回しも、この貧弱な音使いで全て台無しになってます・・・(^^;
っていうか、サビのバックが驚くほどに寂しいです。作ってるときに違和を感じないのかな・・・(笑

04.RED HOT PLANET
(S.OLIVA - T.MARIN - A.GATTI)
「宇宙」をテーマにしているせいか、いつも以上に壮大なメロディ。爽やかさも加えてます。
これは全編を通して聴いてみたいですね。評価も変わってきそうです。

06.DDD INITIAL D (MY CAR IS FANTASY)
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - T.MARIN)
タイトルでインパクト120%の話題曲。今回の配信の目玉でもあります(?)。
しかし、やっぱり軽いサウンドでタイトル負け(笑
しつこい位の「ディーディーディー」連呼は耳に残りそうですけどね。「V.I.P. IS JP」っぽいのは気のせいかな・・・。

08.BREAK OUT FIRE
(G.PASQUINI - L.RAIMONDI - F.CONTINI)
お約束の「FIRE」です(笑
で、その「FIRE」もどっかで聴いたことある歌い回し。っていうか絶対狙ってるよね?(笑

09.NOBODY LOVES YOU
(T.MARIN)
トーマス兄さん単独制作かよ!!
低BPMでヴォーカル重視。メロディをきちんと聴かせるタイプの楽曲かな。
最近のMEGA NRG MAN名義の曲調は幅広いですねぇ。

10.KEEP RUNNING LOVE
(L.RAIMONDI - T.MARIN - G.PASQUINI)
RAIMONDIが中心にいるせいか、やはり哀愁路線。
サビの「Paradise~」の余韻を残すような、渋い歌い回しにグッときますね・・・。

11.YOU NEED A FAME
(T.MARIN - G.PASQUINI)
BPMも低く、キックの質感も従来とは少し違う印象を受けます。
ダンスポップに近いのかな・・・。まぁシンセリフはしっかりユーロビートしてますけどね(笑

12.FIREBALLS
(M.MANZI - T.MARIN - G.FOGLIA)
FOGLIA遂にA-BEAT Cへ!カタログで移籍したことは知っていましたが、A-BEAT復帰後作品のお披露目は初ですね!何故かMANZI名義も出てきてます(笑
同レーベルのACE WARRIORの楽曲を彷彿させる熱い路線となっております。タイトルコールも熱くて、これぞ「MEGA NRG MAN!」って感じ。
リフのシンセの質感もFOGLIAがいるせいか、すんごくDELTAチック。これは面白そうな楽曲ですね!



未収録の中で楽しめそうなのはRIGHT ON TIME、SUPERSONIC、I'M LIVING IN THE NIGHT、YOUR LOVE IS LIKE A MEDICINE、FOUND LOVE、RED HOT PLANET、FIREBALLS辺り。
お約束のアグレッシブに加え、爽やかあり、哀愁ありと想像以上に楽しめそうですね!

では今からカード買ってきます(笑
スポンサーサイト

<< 男だらけの195  【BACK TO HOME】  さあてと >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。